高収入の医師のアルバイト

医師不足の現状もあり、多くの医師が本業とは別にアルバイトを行っています。医師の6割以上がアルバイトを兼務しているとも言われています。医師のアルバイトは非常勤でも比較的高収入を期待できます。アルバイトの種類としては、がん検診や健康診断などの各種検診の仕事があります。また、日当直のアルバイトは求人も非常に多いです。外来や救急車への対応、入院患者の管理も含めて病棟管理業務として求人が出されていることも多いです。特殊な医師のアルバイトとしては、イベント救護の仕事もあります。スポーツの大会や野外イベントなどでけがや急病人の対応をする仕事です。イベントに関係する医師が直接依頼されることも多いのか、市場ではイベント救護の求人はあまり見られません。イベントは夏は炎天下で、冬は厳寒の中で行われることも多いので、体力勝負の仕事であると言えます。

医師がアルバイトをする時には、注意も必要です。基本的に国立病院機構や厚生労働省、地方自治体の管轄する病院に勤務している場合は、アルバイトをすることはできません。公務員の立場であるため、アルバイトは法律で禁止されているのです。ただし、例外的に認められていることもあります。アルバイトを行うのなら、まずは勤務先に詳細を確認することが必要です。また、求人情報を見て、高収入の魅力あるアルバイトを見つけたとしても、自分の診療科以外の仕事を受けることは難しいでしょう。

医師の中には、アルバイトで一時的に生計を立てる人も少なくありません。博士号を取得するために大学院に戻って学んでいる医師の中にはアルバイトで生活している人も多くいます。開業を目前に控えている場合も、一時的に非常勤勤務だけに仕事を絞る場合があります。開業準備に専念するためでしょう。